うつ病になって目が覚めた!

人生を考えるきっかけとなったうつ病。残りの人生をエンジョイするための気づきのヒントを皆で共有しましょう。

*

復職から現在に至るまで

   

104-00

リワークプログラムを受講したお陰で、充実した休職期間を過ごさせてもらいました。そして何度も繰り返し行った自己分析を通じて、今までの考え方・価値観が少しずつ変化していきました。

職場復帰後の仕事環境

3ヶ月間のリワーク支援プログラムの受講を経て、私は無事に職場復帰することができました。3ヶ月振りの復帰と言うことで、周囲の方々には迷惑をかけたと思いますが、皆、あたたかく迎えてくれました。

うつ病の患者さんは、一定の休職期間を経て職場復帰を果たしても、その後再発して再度休職してしまう人が非常に多いです。そのため、「復帰後にどのような姿勢で仕事に向き合うか」というのは、再発を防ぐ上で非常に重要なトピックになります。

復帰後の私は、「出来る事しかしない!」と心にきめて、自分にかかる負担を極力少なくしました。以前なら進んで首をつっこんでいった仕事も、見て見ぬ振りです。やはり多少の負い目を感じましたが、「今自分に求められていることはバリバリ働くことではなく、継続して出社する事だ」と言い聞かせていました。残業も一切せず、必ず定時で帰るようにしました。

一定期間、安定した体調で継続的に勤務できたら、少しだけ負荷を上げて仕事に臨むようにしました。月日の経過とともに少しずつ負荷を上げていき、現在では職場の一定の戦力として、継続して出社できるところまで回復しました。

104-01

この病気と長期的に付き合っていこう

但し、うつの再発の恐怖は常に脳裏にあります。薬の服用は現在も続けていますし、一時的に体調が悪化することもしばしばです。

正直なところ、もはや私自身もこの病気がすぐに治ることは期待していません。焦っても、また同じ事を繰り返すだけだと思うからです。今は長期戦を覚悟しながら、少しずつ薬を減らして行くことが出来たらな~というような感覚です。

だから、どのようにすればこの”悪友”と上手に付き合っていけるかを考えることが、これからの私の課題になります。

104-02

 

今、うつ病に苦しんでいる皆様へ

このサイトを開設した経緯は、同じようにうつに苦しんでいる方々が、自分らしい充実した人生を送るための「ちょっとしったヒント」になるような情報を提供できれば、という願いがあります。

また、それと同時に、自分自身に対してこれからの生き方を改めて問い直す備忘録的なサイトです。このサイトをご覧になって、少しでも気が楽になったり、元気が湧いてきた人がいれば、是非コメント頂きたいです。サイト継続の強いモチベーションになります。

 - 自己紹介

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ハート
私がうつ病を発症するまで経緯

私は、今でこそ私も人並みの生活が出来ていますが、過去にはうつ病に打ちのめされて苦 …

再発の泥沼状態

一度はうつ状態との診断を受けたものの、有給を取得しながらだましだまし出社しつづけ …

リワーク支援プログラムの受講へ

私の場合、うつ病の回復のキッカケになったのが『リワーク支援プログラム』の受講です …